Menu

レザー・ムートン

Home

革・レザー・ウール・その他一般布地について

毛皮以外のポアロの仕事内容を紹介いたします。
--------------------------------------------------------------------------------
  革・レザー、合成皮革、ムートン・ラム・ゴートについて
◆レザージャケット・ムートンコート類の肩(袖山)で行なう袖丈詰めやひじの切替で行なう袖丈詰めが出来ます。
・難しい技術ですが、数多く経験している ( 五千着程度 ) ので、きれいに仕上がります。
 袖口で詰められない時や袖口のオリジナルデザインを変えたくない時、又は袖の長さ
 バランスを保ち肘の位置を変えない時に行います。
◆レザーパンツのひざの切替で行なう丈詰めが出来ます。
・足の長さバランスを保つ時に行います。裾で詰めるのに比べて膝の位置が下がらず、足が短く見えません。
◆ムートンコート類のサイズダウンや古いスタイルのデザイン変更が出来ます。
◆革ジャン修理(ファスナー交換、裏地交換、袖口・裾のリブニット交換、破れ・ほつれ等)致します。
◆スエード加工やナパ加工されたダブル・フェース (一枚仕立て) のラムジャケット・ゴートコート類の
 修理(寸法直しやホツレ、破れ等)致します。
◆穴明き加工されたレザー類 (パンチングレザー) の修理(寸法直しやホツレ、破れ等)致します。
◆合成皮革 の修理(エクセーヌ等やエナメル) も致します。
--------------------------------------------------------------------------------
  カシミア、アンゴラ、ウール、シルク、一般布地について
◆カシミヤやアンゴラ類の一枚仕立てのコート・ジャケットの修理・リフォームも承ります。
◆プレタポルテ・オートクチュール共に一般布地類の洋服のリフォームや大規模な寸法直しや修理致します。
・特に高級品の修理について、どこに頼めばよいか分らずに、お困りでありませんか。
 シルエットが目立つものや、別素材が組合わされたものなどは、経験と技術力が必要です。
 私共は、仕事をそのまま流さずに、修理品の一点毎にきめ細かく対応しています。
◆一般的な布地のスーツ・ジャケットの袖丈詰めや、ズボン・パンツ・スカートの丈詰め修理致します。
・単純な修理もすっきりとときれいに仕上げます。

当社で実際に行なった修理の例を紹介します。

修理事例1:スウェードコートの破れ

  • レザーコートの破れ

    (修理前)→
    脇部分が大きく破れ、
    革も裂けています

  • レザーコートの破れ

    (修理後)
    裂けた部分を補修した上で、
    縫い直しました

修理事例2:レザーコートの破れ

  • レザーコートの破れ

    (修理前)→
    ポケット口が破れています

  • レザーコートの破れ

    (修理後)
    破れた部分を補修しました

修理事例3:補修跡画像

◇補修跡の画像です、クリックし拡大にてご確認ください。

ダウンジャケット腕部分

ダウンジャケット腕部分

レザーコート左脇部分

レザーコート左脇部分

レザーブルゾン袖口部分

レザーブルゾン袖口部分

修理事例4:ム-トンJKの釦・ループ追加修理

  • ム-トンJKの釦・ループ追加修理

    全体図

  • ム-トンJKの釦・ループ追加修理

    拡大図

修理事例5:革ジャンの裏地交換

  • 革ジャンの裏地交換

    表面

  • 革ジャンの裏地交換

    裏面

Back

Menu