毛皮・ムートン・皮革製品のリフォームや修理のことならお直しの専門店ポアロにご相談ください。

サイトの説明文を記述します。

INFORMATION

◇◇ 毛皮の再生工場 ◇◇

一生ものの毛皮やムートン、お気に入りのレザー製品など、修理やリフォームをしたいと思っても、
どこに頼めばよいか分らない・・・ そんなお悩み、お困りごとはございませんか?
ポアロは毛皮(ファー)、ムートン、革・皮革(レザー)、カシミア、一般洋服の
「リフォーム・修理・オーダー」の専門店です。創業以来30年近く、これまでに毛皮が3万点、
革が4万点、カシミア類が1万点以上の修理・リフォームの実績がございます。
誠実で丁寧な仕事を心がけ、修理品の一点毎にきめ細かく対応いたします。
リフォーム・修理をお考えの際はぜひ一度、お気軽にご相談ください。

株式会社ポアロ
〒175-0045 東京都板橋区西台3-23-8
TEL:03-3935-0151 FAX:03-3935-0225

株式会社ポアロは、毛皮・ムートン・革・レザー・カシミア・リフォーム・修理専門店です。 

リフォーム・修理ご案内

ポアロは毛皮・(ファー)、ムートン、革・皮革・(レザー)、カシミア、一般洋服の
「リフォーム・修理・オーダー」の専門店。
特に高度な技術を必要とする物を得意としています。
このページではポアロの特徴や技術について紹介いたします。
--------------------------------------------------------------------------------
◆複合素材 (毛皮と革、革と布、布と毛皮等・・・) の加工・縫製・調整の出来る技術があります。

たとえば毛皮コートにも布の裏地 ( リバーシブルの場合には表生地 ) が付いていますが、
普通の場合、毛皮と布は分業により異なった職人が担当します。そのため協調して丁寧な
仕事をしないと毛皮に布を取付ける際にシワやゆがみがでたり、表生地のステッチが乱れていたりして、
せっかくリフォームしたのに、シルエットや細部に難点のあるコートになります。
また、ムートンや革の場合も、普通の職人が縫うと、既存ステッチ穴の目立つキズが残り、
やり直しが出来ない問題が起こります。
しかし私共は修理・リフォームを承る際に、異なる職人達で協力しあって、より良い形で
お客様にお届けできるようにと常に考えています。そして豊富な経験により、
これらをきれいにまとめて仕上げるのが得意です。
--------------------------------------------------------------------------------
◆革・レザー類の修理に際し、基本的に既存ステッチの針穴と同じところにステッチをかける
丁寧な仕事を心掛けていて、出来るだけ修理をした形跡が残らないように努めています。
--------------------------------------------------------------------------------
◆いわゆる海外有名ブランド品の毛皮コートやムートンコート、レザージャケット・パンツ類の
寸法直しや修理を毎シーズン数多く頂戴していて、ブランドショップの高度な要求に対応しています。
--------------------------------------------------------------------------------
                      (寸法直し)
上着・ジャケット・コート----------- 袖丈詰め・肩巾詰め・身巾詰め・着丈詰め、サイズダウン
パンツ・スカート---------------------丈詰め・ウエスト詰め・巾詰め
--------------------------------------------------------------------------------
                      (修 理)
裏地交換、ファスナー交換、破れ・ほつれ修理、ケスカ・カギホック・釦付け直し
--------------------------------------------------------------------------------
毛皮コートの大きなリフォームの場合には基本的に仮縫いをしてから本縫いを致します。